外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


いつの間にか入居者人数が増えた!

入居者が増えている!

外国人賃貸経営専門管理の土屋ケンです。

先日私が管理しているあるアパートに別の入居者の方にある伝言をお願いしました。
『庄和の土屋さんが連絡欲しいそうですよ』
『私庄和都市開発という会社知らない、土屋という人知らない、知らない人に電話しない。』とカタコトの日本語。
なんなんだ~?
入居者は私とつい最近会っています。
電話でも話しています。
それを、土屋を知らない・・・
ある予感が過ぎります。
物件に急行しました。

結果、やはり見知らぬ人物が住んでいました。
『あなたは誰?』『あなたこそ誰?』
無断入居です。

部屋の奥から本来の入居者〔当然、私を知っている。〕が出てきました。
そして堂々と私の友人だ。一緒に住んでいる。
と悪びれずに、爽やかに、にこやかに言います。

外国人の若者は借家権と所有権の違いがよく理解できないのです。

私の管理物件は原則
友人と同居してもOK。入れ替わりもOK。居住人数増加もOK。
しかし、
絶対に報告する事。そして新しい入居者の審査を行う事。
無断の入居者状況の変更は断固許さないのです。
共同住宅の秩序が保てないのです。

ちゃんと契約時に説明したんですけれどもね・・・
それも入居者の母国語で。

わかってもらえないんですよね~

時に本来の入居者が入れ替わる事もあります。

申告してくれればほとんど問題ないのに・・・
私は意地悪しているのではないのに・・・
私はアパートの秩序を守りたいだけなのに・・・

わかってもらえないんですよね~
[PR]
by showablog | 2010-06-20 15:51 | 賃貸管理・賃貸経営について
<< 外国人賃貸市場における賃貸2DK 外国人入居を志向する大家様 >>