外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


外国人ルームシェア、ルームメイトの引っ越し

こんにちわ
外国人賃貸経営専門の土屋ケンケンです。

先日、お友達と二人で住んでいる中国人留学生から連絡がありました。
『一緒に住んでいるルームメイトが彼氏と一緒に住む、と言って来月引っ越します。私はこの部屋好き。引っ越したくないけど・・・一人では家賃払えない・・・』

外国人留学生は
家賃負担軽減の為友達と一緒に住むことが多いのです。
また、当社もそのような事情に配慮しルームシェア、友達との同居を許可しています。
更に
大家・管理会社への報告と審査を条件に入居者の入れ替わりも認めています。〔ビジネスとして入居者・顧客ニーズに適合したいのです。〕

しかし
ルームメイトが事情により引っ越すとなると彼女のような事態になる可能性があるのです。

そこで
なら年末まで期間限定で家賃を半額にするよう大家さんに頼んでみるからその間に別のルームメイト探してみる?
と提案しました。
それは
賃貸市場の悪い時期である年内、というタイミングで新規入居者探しをするより、例え半額でも家賃を確定しその間、彼女のルームメイト探しに賭けてみる〔見つかればそのまま元の家賃で運営が再開できる。〕、
あるいはルームメイト探しに失敗したなら来年の賃貸シーズンに新たな募集をする。
という両方向の考えからでした。
どちらにせよ
賃貸経営として空き部屋より年内、家賃半額は悪くないと判断し大家様に進言しようと考えたのです。


家賃やその他の条件に関して固定的対応は経営として良くないと私は考えてます。
時期や市場状況により柔軟に対応すべきである、と考えています。
その為のツールが
再契約義務型の定期借家契約である、と考えています。

結果、大家様の返事は・・・
そりゃ空き部屋より半額でも入金があった方がいいよ、土屋さん。
それでいこう。

彼女の返事は・・・
今彼女はルームメイトを一生懸命探しています。

彼女、ルームメイトが見つかるといいな~
この部屋好き!と言ってくれる人に住んでもらいたいですものね~

しかし
年が明けると・・・
賃貸シーズンだから・・・
経営判断としては彼女に退去してもらう事になるな~

経営と人情に悩む、外国人賃貸経営専門の土屋ケンケンでした。
[PR]
by showablog | 2010-11-12 15:18 | 賃貸管理・賃貸経営について
<< 外国人賃貸 入居申し込みドタキ... 外国人賃貸、秋の賃貸市場 >>