外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


外国人賃貸市場と家賃デフレと家賃設定

外国人賃貸経営専門管理会社㈱庄和都市開発の土屋ケンケンです。

現在家賃デフレが進行中です。
時間とともに家賃が低下しています。
そして
この情報化社会です。借家人の皆様もそれを感じています。

しかし
不動産は個別物件毎に価値が異なります。
家賃を下げなければならない時と下げてはいけない時があります。

従って現在、家賃設定が非常に難しい時期です。
家賃設定は言わば仮説にすぎません。

あまり家賃を下げ過ぎると問い合わせと入居申し込みが殺到します。
これは家賃設定の失敗です。
家賃設定が高すぎると全然電話がなりません。
見向きもされません。
これも家賃設定の失敗です。

賃貸経営は市場に適合化しなけりば淘汰されてしまいます。
しかし
その市場の見極めが非常に難しくなっているこの頃です。

検証と試行錯誤が続きます。
[PR]
by showablog | 2010-12-06 14:44 | 賃貸管理・賃貸経営について
<< 賃貸繁忙期 外国人賃貸 入居申し込みドタキ... >>