外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


外国人向けの賃貸経営

こんにちは。

先日、北区の物件でうちが客付けしたお客様の話をします。
このお客様は中国留学生で日本語はいま一つでして、今年1月から
入居してもらったのですが、3日、4日家賃が遅れる事があり大家さんも
私も頭を抱え悩んでました。

そして、3月の半ばから借家人さんに、「家賃が遅れないように」と電話を
かけたり、以前に借家人さんの家に行って一緒に銀行まで行き、振込みの
仕方を教えたりしたところ、「今月分の家賃は入金しました。」と本人から電話が
かかってきて、大家さんに確認したところ「入金確認が取れました」と言われ
安心しました。

外国人向けの賃貸経営は難しく困難な部分もありますが、借家人さんの不安
要素を解決してあげれば問題ないのではないかと思います。
今回のケースは、日本語は片言で銀行振り込みが分からないって言うのであれば、
本人にゆっくり丁寧に話をして、一緒に銀行まで行き振込みの仕方を教えれば解決です。

でも、また遅れたりしたら困るなぁ~
[PR]
by showablog | 2006-04-04 20:05
<< 賃貸の市場調査 賃貸管理・家賃の滞納 >>