外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


情報収集先(仲介会社)で言われること・・・

こんにちは。

今日は私が色々なエリアで情報集めに仲介会社を訪問した時によく言われたり
することをお話したいと思います。

私のメインの仕事は、弊社管理物件の業務や賃貸客付け(リーシングといいます。)と大手仲介会社を訪問(業者訪問、業訪といいます。)して物件情報を仕入れたりしています。

いつも回るエリアは様々ですが、いつも言われることはほぼ一緒です。
特に今までよく言われる事は『借地権で瑕疵がある物件とかをよく取り扱い対象に
しますね~御社は』と言われたりします。

借地権でも色々とありますが、
弊社としては建物が建っていて地主様から名義変更承諾が取れず、その為、売買がスムーズに進まない案件や、様々な原因で言わば建物もその土地も不動産としての能力を発揮しきれていない物件〔私の上司は不動産が泣いている。国民経済上の損失だ、といいます。〕に対して、権利調整を行ったり、リニューアル改造を行ったりして最終的には最大限の能力を引き出し良質の収益物件にする事を目指します。

そういった事を訪問先で説明すると、『なるほど、再生事業ですね!』とか『何か難しい
事をしていますね~』と返答があったりします。
借地権の古いアパートでも、付加価値を加える事によって利益を生み出してくれる
良質な収益物件になります。

所有権の収益物件よりも借地権の収益物件の方が利回りも高かったりします。(価格が安いので当然ですが・・・。)
けどやはり、一般的には、借地権の物件は所有権よりちょっと人気がないのが現状です。
資金調達の面でもやはり劣ります。

しかし、私としてはそれなりに魅力的な投資先だと考えていますが少数派でしようね。
でも、だからこそ面白いとも思います。
[PR]
by showablog | 2006-04-27 20:59 | 投資物件情報収集について
<< 借地と私道掘削承諾 物件の企画・借地非訟案件 >>