外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


『節約』と『投資』

日ごろ、投資家の方や大家様と接して感じることがあります。
お金を何にも考えず使う事は論外です。『浪費』については論外です。
『節約』と『投資』についてです。

賃貸経営において全ての出費を極力抑える方がいます。
資金を大切にする節約家の方です。
例えば、千円の出費を工夫して、節約して900円に抑えます。
家計ならこれは異論なく良いことでしょう。
収入に比して支出を抑えることは健全な家計の大前提です。

しかし、投資は違うと思います。
家計とどう違うか?主婦と投資家の違いです。
主婦は家計の支出だけをを担当しています。(収入は夫の担当ですから。)
だから彼女にとってお金を増やす事=支出の抑制です。

しかし、投資活動は違います。
支出を抑制する事も大事ですがそれ以上に重要なのは資金効率です。
リターンを考えて支出を考えるべきです。
投資家は千円の出費を900円に節約する事よリ出費を二倍、二千円にしてでも収益をリターンを三倍にすることを考える事が重要なはずです。それが投資です。

つまり、投資活動におけるお金を増やすこと=資金効率を上げる事です。
出費を抑制することより資金効率を上げる事です。

節約と投資。主婦と投資家。面白い関係です。もちろん浪費は論外です。浪費癖の主婦は最悪ですよね。連日長時間パチンコしたり・・・。まあ、ダンナにも責任はあるのでしようが・・・。

まてよ。うちの奥さんはたまに僕に対して手綱を緩めてくれます。酒や遊びを大目に観てくれます。これはもしかして・・・投資行為。僕の妻は投資家なのかもしれない。主婦も投資活動をしているのかも・・・(ん、、、話がずれました。)
[PR]
by showablog | 2006-05-19 23:09 | 賃貸管理・賃貸経営について
<< フルローンによる不動産投資〔ご... 不動産投資の『割安』という事 >>