外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

不動産賃貸経営アパート経営とリフォーム工事と賃貸市場マーケティング

こんにちは、暑いですね。
賃貸経営管理士の土屋です。

先週、あるアパート大家様〔大家業専業〕からご相談を受けました。
工務店の方からリフォーム工事の営業を受けていらっしゃるとの事です。
確かに大分古く、痛んでいる箇所もある賃貸物件・アパートでした。

しかし、私の見るところ
その賃貸物件は痛んだ箇所を修理するだけでは足りないのです。
こう、ナンと言うか・・・
間取りがコンセプトが地域の賃貸市場に適合化していないのです。
ここは
単なる修理でなく賃貸市場に適合化するためのリニューアル工事が絶対に必要なのです。
そうでなければ今の古く痛んだままの建物で、代わりにとことん安い賃料という商品の方が逆に
市場に受け入れられるような気がします。

私は早速こう提案しました。
地域の賃貸市場を精査しましょう。
そしてどいう間取りでどいうモノがうけているのか?
入居者ターゲットはどんな層が最も適切か?
調べましょう。
そして
獲得予想家賃とニーズの強さとリニューアル予算を秤にかけて入居者ターゲット層を設定しましよう。
そしてそのターゲット層に最も適合する物件=商品にリニューアルしましょう。

やはり賃貸物件のリフォーム工事には市場調査はかかせないと考えます。
というより工事内容は市場と顧客が決めるものと考えます。
それはマーケティングです。

賃貸経営には今やマーケティング思考がかかせないと思います。
[PR]
by showablog | 2012-08-16 16:33 | 賃貸管理・賃貸経営について

不動産賃貸経営、アパート経営

こんにちは、賃貸経営管理士の土屋です。
毎日暑いですね。

ところで
土地の有効活用としての賃貸物件建築に関しては沢山の建設会社が広告を連ねています。
賃貸用の建物を建設する場合、よりと゜りみどりです。
また、収益物件の売買、購入に関してはこれまた、沢山の売買仲介会社が広告を打ち出しています。
物件選択はよりどりみどりです。
しかし
賃貸物件の建物を建築あるいは購入して数年、十数年経て、どうも賃貸経営が美味くない。順調にいっていない。と大家様が感じた時、どこに相談するのでしょうか?

築年数が経ちリフォーム工事が必要な時どこに相談するのでしょうか?
そのリフォーム工事は地域の賃貸市場のニーズと現状にあなたの賃貸物件が適合化するための最小かつ充分な工事でなければなりません。
リフォーム工事屋さんあるいは大工さんは指示どおりの工事を綺麗に確実に施工してくれるだけです。
大工さんは地域の賃貸市場のことは知れません。

私は
土地の有効活用〔賃貸物件の建設〕でもなければ収益物件の情報提供、売買でもない。空き部屋に対する入居者斡旋でもない。
賃貸経営、アパート経営に関するコンサルティングを提供しようと希求しています。

近々、賃貸経営に関するホームページを立ち上げようと考えています。
賃貸経営に関する相談のホームページを立ち上げようと考えています。
そこで
少しでも賃貸物件の稼働率を上げるために外国人に賃貸したり生活保護の方に賃貸したり、
そして少しでも賃貸経営のリスクを低減するために定期借家契約を駆使したり再契約を頻発したり
悪戦苦闘している私の経験が少しでも大家様方にお役にたてれば、と考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by showablog | 2012-08-13 16:03 | 賃貸管理・賃貸経営について