外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル
ご意見・ご相談はこちらへ
カテゴリ
全体
投資物件情報収集について
賃貸管理・賃貸経営について
物件の紹介
借地・底地・再建築不可
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 04月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

賃貸住宅経営・外国人入居者の家賃支払い変更について

こんにちは、
外国人、生活保護の皆様など、を入居者ターゲットし満室稼働を狙う
賃貸市場のニッチ市場に特化した、
賃貸住宅管理会社株式会社エステートマネジャーの賃貸経営管理士の土屋です。

今日は、家賃支払い日の変更について、お話ししたいと思います。

外国人留学生は、毎日毎日、ギリキリのアルバイトをしてまいす。
経済的に余裕がある方はほとんどいらっしゃいません。
許された範囲内のバイトと仕送りで毎日を賄っています。

とすると、なんかの拍子に家賃の支払い日が前月月末でなく、当月中へ変更になることがあります。
もちろん、家賃支払い日が遅れるわけですから賃貸経営のリスク要因となります。
ノーマークで我々賃貸管理会社としても承認するわけにはいきません。
しかし、理由を聞き、話し合い、そのうえで敷金を増額などのリスクヘッジができるなら
なるべく、応じるように大家様にもお話しします。
なぜなら、
それが入居者・顧客ニーズだからです。
外国人を入居者ターゲットとする賃貸住宅経営では、それが顧客ニーズだと思うのです。
家賃の支払い日の遅れに対する経営レスクのヘッジができるなら顧客ニーズに適合化するのが
経営であると思うのです。

しかし、家賃支払い日の変更は、入金確認の作業を倍増させることになります。
つまり、経営コストの増大です。
顧客ニーズとコストの増大・・・
賃貸経営上のなかなか難しい課題です。

外国人・生活保護その他住宅弱者専門特化、賃貸経営管理士・土屋でした。




[PR]
by showablog | 2014-10-22 19:02 | 賃貸管理・賃貸経営について