外国人専門賃貸アパート経営に関する記事及び不動産コンサルに関する記事
by 外国人入居物件管理と不動産コンサル


<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

借地権の売買

こんにちは、
不動産コンサルタントのけんいち申します。

私は、不動産と言いましても・・・
借地権や不適合接道〔建築基準法上、道路に適切に接していない物件〕や
相続がらみの共有権など専門に取り扱っております。
借地非訟や共有権分割訴訟などを駆使し問題の解決を図ります。

売主様が売却するのに少々苦労なさる物件、色々と交渉・合意、法的処理などを
必要とする案件ともいえます。
例えば、地主さんとあまり関係がよくなくて、売却の承諾〔譲渡承諾と言います。〕の得られない
借地権等を手掛けております。

そして、
その様な物件を正常化した後に外国人や生活保護の方に賃貸します。
非常に面白い不動産投資となります。

今後、順次、記事を掲載していきたいと考えております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

[PR]
by showablog | 2015-03-20 15:17 | 借地・底地・再建築不可

外国人賃貸市場ついて

こんにちは、外国人・生活保護専門賃貸経営管理の土屋です。

最近・・・と言ってもここ一年ぐらいでしょうか。
外国人賃貸市場の変化を感じます。
中国の賃貸住宅入居希望の方が減ってきました。
代わりにベトナムやミャンマー、シンドネシア、の方々が増えてきました。
同時に
中国の入居希望のお客様の条件が向上してまいりました。
多分、所得が上昇してきたようです。

私どもは外国人、生活保護のお客さつま専門に賃貸管理を行っております。
国際状況、国々の実情がストレートに反映しているに感じます。

人口は減少しています。〔住む人が減っています。〕
賃貸住宅は増加しています。〔住んで欲しい住宅は増えております。〕
では、賃貸住宅の経営はどうするのか?

賃貸経営は、外国人の入居者をお客様とすることは当然の成り行きだと確信しております。
そして、昨今の状況・・・生活保護の方々、株式会社エステートマネージャーは重要なお客様、
入居者様ととらえております。

入居者セグメントを明確なターゲツトとした戦略的な賃貸経営、マーケティングを意識した賃貸経営に
関心をお持ちの大家様、不動産投資家様はぜひに、お気軽にお声をおかけください。

私、土屋は、この業界〔賃貸管理業〕に入ってからずうっと、もう十年以上、外国人と生活保護の皆様を
入居者ターゲットとし、つまり外国人・生活保護の方を入居者とした賃貸経営管理を行ってまいりました。
賃貸管理は広い業域です。
沢山の経験者、先達の方々がいらっしゃいます。経験十年かそこらの私など未熟者でございます。
しかし、こと、外国人と生活保護に特化し専門に賃貸管理を長年行ってきたのは私ぐらいではないかと、
自負している次第であります。〔日本人入居者の方は全体の5%ぐらい〕
外国人複数入居、生活保護の方々の入居の賃貸管理については最も経験を積んでいる賃貸管理業者ではないかと・・・

なぜ、外国人入居、生活保護の方々の入居にこだわるのか?
簡単でございます。
いつも、満室稼働にしていたからでございます。
大家様に少しでも高い家賃を獲得していただきたいからでございます。

外国人・生活保護の入居専門特化、賃貸管理経営管理の㈱エステートマネージャー土屋をどうぞよろしくお願いいたします。





[PR]
by showablog | 2015-03-15 15:21 | 賃貸管理・賃貸経営について